Now Loading...
 

入院中のお食事

当院のお食事は母乳分泌や分娩後の体力の回復のためにおやつを含めて2250~2350kcal(塩分10g)で設定されております。
おやつは低脂肪、低カロリー、無添加の手作りで美味しく召し上がっていただけます。

管理栄養士より皆様へ

「和食・洋食・中華・エスニック」とバラエティー豊かなお料理で、入院生活を楽しみながら、産後の回復をはかっていただきたいと思います。
ママになりたての皆様に、良質の母乳を作っていただくために栄養のバランスには特にこだわり、授乳で失われやすいタンパク質やカルシウム、 ビタミンを速やかに補給していただけるお料理方法を工夫しております。
午後3時には毎日手作りのおやつを提供しておりますが、植物性の生クリームや豆乳を使って、低脂肪・低カロリーとなるよう心掛けています。
カロリーはおやつも含めて、トータルで計算しておりますので、安心してお召し上がりください。

管理栄養士 中村 由美子

栄養

良いおっぱいを出すために

母乳の出を良くするには、お母さんがしっかり食事をし、バランス良く栄養を摂ることが大切です。特に大切な栄養素は次の4つです。

  • たんぱく質 とり肉や赤身の肉・白身魚・豆・大豆製品・鶏卵など
  • 鉄分 肉や魚・レバー・大豆製品・ひじき等・海藻・野菜(ママの身体の回復と母乳には不可欠)
  • カルシウム 牛乳・ヨーグルト・小魚・納豆
  • ビタミン 野菜全般、特に緑黄色野菜(母乳でどんどん失われます。)

お食事photo

ホスフェクス

HOSFEX -ホスフェクス-

入院中のお食事は私共、院内調理専門スタッフが毎食、心を込めてお作りいたします。
安全でおいしいお食事をお届けし、妊産婦様の体の内側から全力でサポートさせていただきます。

シェフ 平 直寿

▲ このページの先頭へ