Now Loading...
 
 

臍帯血保管について

産科

当クリニックではステムセル研究所と共同で、ご希望の方に赤ちゃんとご家族のための
さい帯血保管をご提案させていただいております。
ご希望の方は事前に手続きが必要となりますので、ステムセル研究所に直接お問い合わせください。

“さい帯血”とは?

胎盤と赤ちゃんをつなぐ、へその緒の中に流れている血液のことです。
さい帯血の中には、身体のいろいろな部分を作り出す『もと』になる細胞がたくさん含まれているので、これまでに白血病をはじめとする血液の病気の治療に有効に利用されています。
そして、現在では、さい帯血の細胞を利用し、臓器・筋肉・血管などを再生させることで、脳性麻痺や自閉症など治療法のない疾患に対する応用が進められています。

さい帯血の採取は赤ちゃんが産まれた直後に行われますので、母児へのリスクはありません。

この貴重なさい帯血を採取できるのは、出産の時がただ一度のチャンスです。
さい帯血保管 は生まれてくるお子様の将来を考えた、
ご両親でなければ残せない最大のプレゼントとなることでしょう。

ステムセル研究所

▲ このページの先頭へ