Now Loading...
 
 

新型コロナウィルス関連

新型コロナウィルスワクチン3回目接種について

対象

  1. 当院に通院されている妊婦様で、36週までの方
  2. 1回目2回目の接種が終了しており、2回目接種から8ヶ月以上経過している方
  3. 接種券をお持ちの方
  4. 他の医療機関等、接種会場で予約をしていない方

日時

毎週水曜日

予約方法

お電話でのみ受け付けております。

048-771-0004 (予約専用電話)

持ち物

  1. コロナワクチン接種券・予診票(記入してお持ちください)。
  2. 身分証明書
  3. 母子健康手帳

ワクチンについてQ&A

妊娠中にワクチンを接種しても大丈夫ですか?
ワクチン接種をすると、胎盤を通して赤ちゃんにもワクチンの効果が得られ、ママと赤ちゃん双方を守る効果があると言われています。
妊娠⾼⾎圧症候群、妊娠糖尿病と診断されていてもワクチンを接種しても大丈夫ですか?
妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病と言われている方の場合、感染すると重症化するリスクがあります。したがって、ワクチン接種することをおすすめします。
ワクチン接種後に解熱鎮痛剤を服用しても良いですか?
妊娠中や授乳中でもアセトアミノフェンの内服をしていただいて問題ありません。 必要時服用してください

分娩前の新型コロナウィルスPCR検査について

当院では、37週の方を対象に新型コロナウィルスのPCR検査を行っております。

当院でのPCR検査

  • 検査費用無料
  • 唾液による検査
  • 当院分娩予定の他県在住の方も検査可能

希望される患者様には以下の埼玉県PCR検査申込書にご記入いただき、検査を受けていただきます。

埼玉県WEBサイト 希望する妊婦の方への分娩前ウイルス検査のご案内

外来の対応

来院前に必ず検温をしてからお越しください。来院時にはマスクの着用と手指消毒をお願いいたします。
また、患者様以外の院内立ち入りを禁止といたします。

発熱や風邪症状のある方への対応

発熱や風邪症状のある場合のご来院はお断りしておりますが、不正出血、お腹の痛み、破水感などの産科的症状がある場合、まずはお電話にてご連絡ください。

妊婦健診について

妊婦健診は決められた間隔で受けることもとても大切なことですが、妊娠初期、中期は妊婦健診を1~2週間ずらしていただくことも可能です。

但し、その場合自宅で自分の身体を管理していくことが必要となります。血圧、体重の測定、浮腫(むくみ)、お腹の張りの有無、胎動チェック、またこのような時ですので体温測定も忘れずに連日行うようにしてください。問題がある場合は電話でお知らせください。
出来るだけ感染のリスクを少なくするために妊婦様の付き添い、産後の面会もお断りしています。

病棟の対応

面会について

当分の間、入院患者様の面会を禁止とさせていただきます。

分娩時の対応

PCR検査で陽性の方、及び濃厚接触者の方への対応

当院での分娩はできません。決められた施設での分娩となります。

分娩時の付き添い、立ち会い出産について

日本産婦人科学会の指針に伴い、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、当院では原則、付き添い、立ち会い出産を当分の間、中止とさせていただきます。
予定されていた皆様には大変ご迷惑をおかけいたします。

▲ このページの先頭へ